スタッフブログ

神谷 浩平

【どう防ぐ?】浴室ヒートショック事故をなくせ!②

2020年4月28日

こんにちは!
オケゲンみよし店の神谷です!

前回に引き続き、「ヒートショック」について書いていきます!

テレビとかで良く聞くけど、結局どうすればいいの?

とお悩みの方も

ヒートショックという言葉を初めて聞いた

という方も是非参考にしてください!!

4.ヒートショックを防ぐには?

成人男女の過半数がヒートショックを知らないという調査結果もあります。

またその防止に必要な対策を行っている人は、2割以下だそうです。

では、実際に

どのように防ぐか!!

という点について紹介します!

①脱衣室を暖める

ストーブなどで暖房を行い、お部屋を暖めましょう!

また、天壁床の断熱性能をあげることもオススメです。

②浴室を暖める

暖房乾燥機をつける、システムバスにリフォームする、窓を2重サッシにするなど

断熱性能をあげましょう!

③シャワーで湯煙

脱衣を行う前に、熱めのシャワーを出しっぱなしにしておくことも有効です!

④湯船のフタを開けておく

入浴5〜10分前からフタを開けておき、湯気によって浴室を暖めます

⑤湯温は41度以下に設定

熱いお湯は血圧の変動が大きくなります。

ぬるめの設定にすることも効果的です。

⑥かけ湯をしてから入浴

心臓から遠い手足にかけ湯を行い、慣らしてから入浴しましょう!

⑦入浴前後で水分補給

発汗により体内の水分が排出され、血流が悪くなります。

水分補給をしっかり行いましょう!

⑧急に立ち上がらない 

急に浴槽から立ち上がると水圧が掛からなくなり、血圧が急激に下がってしまいます。

立ちくらみを起こしやすくなります。


以上がヒートショックを防ぐ方法の一例です!

一番のポイントは

「脱衣室や浴室を温め、温度差を減らす」

ということが一番大切です!!

 

 

今回はヒートショックを予防する方法について紹介しました!

いかがでしたか?

もし、

「うちも心配だ・・・」

「寒くて困っている」

「暖房はどういうものがあるんだろう」

とお悩みの方は、是非オケゲンまでご連絡ください!

一緒にヒートショック予防を考えさせて頂きます!


ご来店予約はコチラから

今なら、WEBから来店予約で図書カード500円分プレゼント!

プロフィール

みよし店

神谷 浩平

お客様へのメッセージ

お客様にご満足頂ける様、一生懸命対応致します!

スタッフ紹介を見る