トイレリフォームのポイント

知って納得!リフォームのお役立ち情報

トイレリフォームの
ポイント

トイレといえば毎日家族みんなが使う場所ですし、来客時にはお客様にも使っていただきます。誰もが常に気持ちよく使えるためには、清潔で快適な空間にしておきたいですよね。

形や機能によってお手入れのしやすいトイレを選べば、簡単に清潔な空間を保つことができます。

また、「使いやすさ」も考えたトイレ選びを考える方が増えてきました。古くなった設備を修理することも必要ですが、ライフスタイルの変化によって、将来を考えたトイレにリフォームすることも大事になってきました。

もう一度、今のトイレを見直してみませんか?

このページでは、どんな浴室にしたいか?を考えるときに、ぜひ押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

トイレリフォームのポイントトイレは使いやすさを考えて選びましょう!

トイレのサイズ

快適な空間を作るためにはサイズ選びが重要です。トイレのスペースは、奥行き120cm以上、幅70cm以上はあった方がいいでしょう。フルオート便座の場合は便座前の空間が40cm以下になってしまうと、人が居ない時にもセンサーが働き、脱臭ファンがまわり続けたり、便座が開いたままになってしまうことがあります。

以下は標準的なトイレのサイズです。

800×1200サイズ(0.4坪) 限られた空間ですが、コンパクトな便器を選べばスペースを確保することができます。
800×1600サイズ(0.5坪) 一般的なサイズです。手洗器と便器の間に程よく距離を取ることができます。
1200×1600サイズ(0.75坪) ゆったりサイズで、トイレと手洗いスペースが別々の空間として独立できます。
らくらくお手入れ

いつもキレイなトイレなら、突然の来客にもあわてませんし、家族みんなが心地よく使えます。お手入れのしやすいトイレなら、いつでもキレイな状態できますよね。掃除のしやすさを考える際、特に注意したいのは床材です。フローリング、クッションフロア、大形タイルなど、トイレ対応のものを選んでみてください。また便器の機能を選ぶのも大切です。キレイが長持ちしたり、自動で洗いやすさを届けてくれる機能や、掃除のしやすい形状のトイレを選んでみませんか。

安全に使うために

トイレは意外と多くの動作が必要な場所なので、実は安全性も大切です。まず扉は敷居などの段差はない方がいいですし、できれば引き戸で出入り口を広めに取っていただきたいです。誰でも出入りしやすく、車椅子で出入りするときも動きやすくなります。次に考えたいのは手すりです。立ち上がる時にペーパーホルダーを手すりの変わりにつかんでしまうと、いつの間にかねじが緩んだり壊れかけたりと、事故の原因に繋がります。しっかりとしたトイレ用の手すりを取り付ければ、立ったり座ったりするときもあんしんです。狭いトイレの場合は、折りたたみ式の手すりを選ぶと便利です。

知って納得!リフォームお役立ち情報

他のお役立ち情報もご覧ください。

キッチンリフォームの
ポイント

「家族や来訪者とのコミュニケーションの場としての機能も考え、新しい形のキッチンリフォームをしてみませんか?

詳しく見る

お風呂リフォームの
ポイント

「ストレスを癒す」「親子のコミュニケーション」「誰でも使いやすい空間」を考えて浴室リフォームをしませんか?

詳しく見る

洗面所リフォームの
ポイント

朝から歯磨き、洗顔、お化粧などをする場所なので、まずは化粧室としての機能を充実させましょう。

詳しく見る

内装リフォームの
ポイント

リフォームの際に、最も多く行われるのが、クロスやフローリングの張替えです。内装は目にする面積が広いので、慎重に選びましょう。

詳しく見る

外装リフォームの
ポイント

屋根や外壁は毎日風雨や日差しなどに晒されており、家を守る重要な部分ですから、台風や地震への強さも検討したいところです。

詳しく見る