洗面台リフォームのポイント

知って納得!リフォームのお役立ち情報

洗面所リフォームの
ポイント

洗面所は、家族全員が一日のスタートを心地よく始めるに大切な場所です。

朝から歯磨き、洗顔、お化粧などをする場所なので、まずは化粧室としての機能を充実させましょう。

歯ブラシ、タオル、髭剃り、化粧品…化粧室は小物が多くて収納力が重要です。

高い場所にある吊り戸棚や奥行の深い収納に入れると、いざ使うとすぐ取り出せなくて不便です。そんなときは奥行きが浅い収納付きの洗面台にしてみましょう。小物の出し入れがしやすく、しまってあるものもひと目で見渡せるのでとても便利です。

洗面台の高さも大事です。高めだと腰を曲げずに済み楽だが、洗顔水が肘に伝わって床が濡れてしまうことがあります。洗面台の高さの目安として、「身長165㎝の人で80㎝程度」が最適です。

また、リフォームの際には、家電用のコンセントを取り付けることも一緒に検討しましょう。リフォームはコンセントの移動、増設のチャンスです。

洗面所の配置場所によって、必要とされる機能が変わってきます。洗濯機を置くなら家事室、浴室の隣にするなら脱衣所として、それぞれの目的に沿って工夫しましょう。

このページでは洗面化粧台の収納と商品全体の様々なタイプをご紹介します。

洗面所を選ぶ時は収納スペースを確保すべき!洗面所の収納タイプ

洗面台の収納タイプ

洗面所が家にどの場所にあるによって、置くものが変わってきます。洗面用具以外に、脱衣スペースとして使われるなら着替えやタオル、洗濯機が置いてあれば洗剤…洗面台を選ぶとき、まずは置くものの種類と量を考えて、十分な収納スペースを確保したほうが万全です。

では、洗面台にはどんな収納があるのでしょうか?まずは引き出し収納。洗面台下のスペースを活用して収納力を上げるタイプです。奥のものを取り出すのも楽々です。

そしてステップ収納。フタつきの引き出しタイプの収納で、収納の下段に置けば簡単に手が届くし、お子様も安心して洗面化粧台を使えます。体重計の収納に悩んだことがありませんか?商品によって、体重計のための専用収納スペースがあるものを考えましょう。

違うタイプの洗面台には各自の特徴がある!洗面所のタイプ

スタンダードタイプ

収納・洗いやすさ・お手入れのしやすさなど、基本性能が充実した洗面台タイプです。身支度を整えるために必要なものがサッと取り出せ、忙しい朝もバタバタしません。シンプルなデザインでお手入れも簡単なスタンダードタイプです。

ダブルボウル

朝の洗面所の混み合いは、大家族のご家庭によくある悩みです。そんなご家庭には、1つの洗面台に2つの洗面ボウルがあるダブルボウル(ツインボウル)洗面化粧台がおすすめです。2人が同時に使えるので、洗面所の待ち時間が半分に短縮できます。

コンパクトタイプ

「洗面台を設置したいのに、スペースが足りなくて通常のタイプが入らない!」という悩みがありませんか?そんな時は狭いスペースのためのコンパクトタイプ洗面台を考えましょう。セカンド洗面所として、2階や寝室に設置することもおすすめです。

カウンタータイプ

間口にピッタリ設置できるため、スタイリッシュな印象を与えます。カウンタータイプの洗面台にするだけで洗面所の雰囲気がたいぶ変わります。ただし、収納面ではスタンダードタイプより性能が劣るため、どの程度のものを置くか確認する必要があります。

知って納得!リフォームお役立ち情報

他のお役立ち情報もご覧ください。

キッチンリフォームの
ポイント

「家族や来訪者とのコミュニケーションの場としての機能も考え、新しい形のキッチンリフォームをしてみませんか?

詳しく見る

お風呂リフォームの
ポイント

「ストレスを癒す」「親子のコミュニケーション」「誰でも使いやすい空間」を考えて浴室リフォームをしませんか?

詳しく見る

トイレリフォームの
ポイント

形や機能によってお手入れのしやすいトイレを選べば、簡単に清潔な空間を保つことができます。今のトイレを見直してみませんか?

詳しく見る

内装リフォームの
ポイント

リフォームの際に、最も多く行われるのが、クロスやフローリングの張替えです。内装は目にする面積が広いので、慎重に選びましょう。

詳しく見る

外装リフォームの
ポイント

屋根や外壁は毎日風雨や日差しなどに晒されており、家を守る重要な部分ですから、台風や地震への強さも検討したいところです。

詳しく見る