お風呂リフォームのポイント

知って納得!リフォームのお役立ち情報

お風呂リフォームの
ポイント

一日の終わりにゆったりと過ごす浴室は、おうちの中でも癒しの場所です。家族がコミュニケーションを取ったり、全身の疲れをほぐすこともできます。

バスルームは、体の汚れを落とすだけではなく、「ストレスを癒す」「親子のコミュニケーション」「誰でも使いやすい空間」などが求められるようになってきました。

このページでは、どんな浴室にしたいか?を考えるときに、ぜひ押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

浴室リフォームのポイントライフスタイルに合った浴室を選びましょう

浴室の種類

浴室の種類は、「システムバス」と「在来浴室」の2つに大きく分かれます。システムバスは、パネルを組み立てて設置する現在主流のタイプです。プランの中で部品を組み合わせていくのでデザインが限られますが、一昔前に比べて機能・デザインとも大幅に進化しています。システムバスのメリットとしては、「防水性」「お手入れのしやすさ」「短い工期」などがあります。リフォーム中はお風呂が使えなくなりますし、工期が短いのは大事なポイントです。在来浴室は、床や壁に直接タイルや石を貼っていき、浴槽を設置するタイプです。こちらは完成品を設置するシステムバスとは違い、浴室の仕様を細かく選ぶことができます。このためこだわりの浴室を実現したい方には、自由度の高い在来浴室がオススメです。

浴室のサイズ

浴室の広さは、浴槽の大きさだけでなく洗い場の面積でも決まってきます。間取りやライフスタイルによって、どのサイズが適しているのか選びましょう。標準的な寸法としては、「1216サイズ(0.75坪タイプ)」「1616サイズ(1坪タイプ)」「1620サイズ(1.25坪タイプ)」があります。

こだわりの空間

浴室をリフォームするにあたって、自分にとって居心地のいい空間を演出してみてください。たとえばバランス釜のあるお風呂なら、リフォーム後にその分も浴槽にすることで、スペースを広く取ることができます。またマンションなら、狭くても工夫次第でリラックスルームとして実現することも可能です。まずはどういう浴室にしたいか、項目をあげていくとイメージが固まってくるのではないでしょうか。

知って納得!リフォームお役立ち情報

他のお役立ち情報もご覧ください。

キッチンリフォームの
ポイント

「家族や来訪者とのコミュニケーションの場としての機能も考え、新しい形のキッチンリフォームをしてみませんか?

詳しく見る

トイレリフォームの
ポイント

形や機能によってお手入れのしやすいトイレを選べば、簡単に清潔な空間を保つことができます。今のトイレを見直してみませんか?

詳しく見る

洗面所リフォームの
ポイント

朝から歯磨き、洗顔、お化粧などをする場所なので、まずは化粧室としての機能を充実させましょう。

詳しく見る

内装リフォームの
ポイント

リフォームの際に、最も多く行われるのが、クロスやフローリングの張替えです。内装は目にする面積が広いので、慎重に選びましょう。

詳しく見る

外装リフォームの
ポイント

屋根や外壁は毎日風雨や日差しなどに晒されており、家を守る重要な部分ですから、台風や地震への強さも検討したいところです。

詳しく見る